マイニングマシンやGPU、電源などのパーツ買取も承っています。

マイニングマシンやGPU、電源などのパーツ買取も承っています。

買取ヒロヤではマイニングマシンをお取り扱い中です。

一般的にはあまり馴染みのないお品物ですが、仮想通貨の世界ではかけがえのない存在です。

個人で使われていたマシン一台から事業でマイニングマシンを大量に導入され計画変更による大量放出のご依頼も承っております。

 

マイニングマシンとは?

マイニングという言葉について聞きなれない方に簡単な解説をすると、マイニングとは仮想通貨を発行するための処理のことを指します。

ご存知のとおりリアル通貨は銀行によって発行・管理が行われていますが、仮想通貨の場合は全てコンピュータとネットで処理がされています。

ビットコインではインフレ対策のため、現時点で2100万の発行上限が設けられており、それ以上増えることはありません。

発行やデータ管理の処理はユーザーも協力することができ、その謝礼として仮想通貨を得ることができます。

この仕組みを活用して収益を得ることをマイニング投資と呼びます。

より詳しい情報は専門の解説サイト様が沢山あるのでそちらをご参考にしてみてください!

 

マイニング投資によるマシンの導入

マイニング自体はやろうと思えばパソコン一台あれば誰でも行うことができますが、それでは投資といえるほどの収益を得ることは困難です。

そこで多くの方が専用の既製品や自身で組み付けたマシンを複数稼動させ、より多くの収益を得られる環境を作っています。

 

マイニングマシンの買取状況について

メーカーは中国を中心にBITMAINのAnteminer、MIcroBTのWhatsMinerなどが市場を大きく確保しています。

その他、国内ではGMOからも発売がされていました。

買取においてはそのスペックによってお取り扱いの状況に大きな差があります。

マイニング処理に特化したASIC、汎用性の高いFPGA、GPUで処理を行う自作パソコンに近い物など、複数のタイプありますが買取において、売却しやすい意味では自作のものが圧倒的といえるでしょう。

というのもマイニング用途ではなく単純に自作PCのパーツとして再利用できるからです。

旧世代機の買取は?

廉価なタイプについてはマイニング投資としての利益を確保できるほどの能力が足りていないということもあり現在では買取価格が付かない物も沢山あります。

また、ハイスペックであっても省電力のものでなければ電気代の出費により減収を招いたり、熱による故障という問題も出てくるため、利益を生むことは難しくなります。

そのため、新しい機種はとても人気ですが、旧世代にあたるマイニングマシンは買取価格は一気に下落することも珍しくありません。

とはいえ、Anteminer S9やWhatsMiner M10といったような古め機種であってもビットコイン価格の相場によっては収益を得られる機種があるため、全てが使い物にならないというわけではありません。

 

中古売買ではBITMAIN社のASICのAnteminerシリーズのものが多く出回っていることから、買取でも評価のしやすいお品物となっています。

買取ヒロヤではBITMAIN社製のものはもちろん、それ以外のメーカー、GPUなどの単体の査定ご相談も大歓迎です!


この記事が気に入ったらシェアしよう!
関連する記事


売却をご検討中のお品物があればお気軽に事前見積もりをご利用ください

               フリーコールで査定の受付をしています
               ネットからの買取お申し込み